貧乏オヤジのココロ折れる日々

準社会生活不適合者、それでも精一杯
社会の底辺にしがみついて生きる50代の
男のトホホな日常を綴ります。

ダウンシフター

新聞にミニマリストのことが載っていました。


断捨離からミニマリスト、実際の物から
労働時間や目に見えないモノまで捨てる・・・。


もしも、子供もいなくて1人だったらやってしまうかも・・・。


新聞に出るくらいだから影響を受けて始める人もいるのか?


結局、人は他人との比較でしか幸福感を得られないとのこと。
それが、成長につながる一方で戦争にもつながるとか・・・。


先日の介護の学校のことが頭にあるので、
こんな情報が入ってくるのか?


憧れる・・・。


が、そんなに甘くないのだろう?


新聞で紹介されてる方は、京大出身に東大・・・。
選ばれた人だからこそできることなのかも。


これ以上生活を収入をダウンシフトすると極極貧生活


・・・、ともかく、お腹が空いたので餅納豆を食べます。

いつものヨーグルトとバナナとハチミツ、りんご酢入りのトマトジュース。

餅納豆には冷凍のオクラをのせました。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
ワニブックス
ミニマリストの部屋づくり
ミニマリストの部屋づくり
エクスナレッジ
2016-10-01


減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)
減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)
筑摩書房




にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。