貧乏オヤジのココロ折れる日々

準社会生活不適合者、それでも精一杯
社会の底辺にしがみついて生きる50代の
男のトホホな日常を綴ります。

紙一重⁉

昨日に続いて子供の事。


小心者の親に似ず(嫁さんに似た?)あまり物怖じしない。
ヘタレではあるが、小学4年生で155センチになった。


似てないモノマネ、笑えないギャクを連発して、
家じゅうを凍り付かせる。


小学校1年生の運動会の徒競走で、普段からビリで練習でもビリ
予行練習もビリ、何時もビリビリ以外なったことがない子供。


本番も前日になっても全く練習もせず・・・。


ただ、「ビリでなければ好きなゲームソフトを買ってやる
という約束に奮起したのか?ただの偶然か?、本番ではなんと


4人中2位になりました。
4年生では1位をとりました。


その後も、昨日書いた英検への挑戦のその動機からも
わかるように、いたって出来の悪い子供ではあるが、

ときどきビックリさせられます!

これも子育ての醍醐味のひとつなのでしょうか?

ともあれ、今日は阪神淡路大震災の日・・・。
元気に親より長生きしてくれればなんでもOKと思います。

夜食です。




にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。