貧乏オヤジのココロ折れる日々

準社会生活不適合者、それでも精一杯
社会の底辺にしがみついて生きる50代の
男のトホホな日常を綴ります。

子供のこと

子供が2歳の時に親父が亡くなった。


その7年前に嫁を連れて今住んでいる家に戻って
もう一人暮らしができない親父と同居を始めた。


5年経ってやっと子供が生まれた。


親父は、医者に余命3年と言われたが、その後7年,生きた。
重度の糖尿病心臓も弱っていて肺気腫の手前の状態だった。


心不全で逝ってしまった。


親父が亡くなって2年後に当時勤めていた本屋が潰れて
隣の町に職を求めて移り住んだが、転職に失敗して1年で戻った。


子供の4歳から5歳の頃のことだった。


その度に子供も保育園を3つ行き、
「もう2度と転校はいやだ。」と言う。


私自身も未就学児で1回、小学校1回、中学校1回と
転校を繰り返し、人と交わるのが苦手になってしまった。


やはり、もうこの家でこの町で生きていくしかないのだろうと思う。
やはり、今の仕事を続けるしかないと思う。


子供は、この家に戻ってからすくすく育ち(すくなくとも外見は)
10歳で154センチになって、嫁さんより高くなった。

今日、終業式で通知表を持って帰る。


それは、あまり期待できないけど・・・。


今は、妖怪ウォッチのゲームに夢中です。


ダメ親父の耐える日々は続きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。